kbc ホークス 解説者

1965年佐賀県生まれ。佐賀北高校時代には46本塁打を放つなど強打者として知られ、ドラフト3位で南海ホークスに入団。南海最後の年にレギュラーに定着し、大阪球場最後のヒーローインタビューを受けた選手として知られる。 359 代打名無し@実況は野球ch板で (ワッチョイ 9b16-T1pg [119.173.158.95 [上級国民]]) 2020/11/29(日) 22:28:51.99 ID:EpJzT92h0 ホークスを追いかけて、kbcラジオは 京セラドーム大阪から、仙台・楽天生命パーク宮城に乗り込んでお伝えします 逆転優勝に向けて、一つも落とせないホークス。今日はエース千賀が中4日でのぞみます。 勝負は最後まで分からない! 解説はkbcプロ野球解説者 前田幸長さん。 南海ホークス・福岡ダイエーホークス(1984-1995) 広島東洋カープ(1996-1998) オリックス・ブルーウェーブ(1999-2001) 大阪近鉄バファローズ(2002-2004) 監督・コーチ 鳥取キタロウズ 福岡ソフトバンクホークス(2011-2014) 九州三菱自動車 活動実績 RKBプロ野球解説者 RCCカープデーゲーム中継, HBCファイターズナイター・HBCサタデーファイターズ・HBCサンデーファイターズ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=RKBエキサイトホークス&oldid=80657426, ニッポン放送(LF:NRN、『ショウアップナイター』:土・日、2018年より。原則裏送りのみだが、ナイター開催時はニッポン放送が屋内球場より上位の予備カードに編成の場合あり), 2007年の土・日曜日の「オリックスvsソフトバンク」戦は本来裏送りを担当するABCが高校野球中継で要員不足のため、ビジター乗り込みの自社制作となり、解説者のみABCからの派遣となった(金曜日の「KBCホークスナイター」も同様)。ちなみに金曜日はMBSからの裏送りだった。, 2012年8月18・19日(土・日曜)の「オリックスvsソフトバンク」戦は、ナイターの18日はMBSが裏送りし、自社制作を実施した19日は日曜デーゲームはABCが技術協力し、解説者も, 2014年8月16・17日(土・日曜)の「オリックス vs ソフトバンク」戦は、ナイターの16日はMBSが裏送り。17日については、翌18日に同じ京セラドーム大阪でホームゲーム扱いの「ソフトバンクvs西武」戦が開催されることを受けて、同カードも含めて自社制作することになった。そのため、全出演者をRKB側で賄うことになり、当時のRKB解説者で唯一南海時代のホークスへの所属経験がある岸川が両日の解説を務めた(KBCは16日をABC協力の自社制作・NRN予備待機扱いとし、17日はMBSが裏送り。ホームゲームとなる18日も自社制作。なお、在福両局が自社制作する18日についての技術協力元は、どちらも不明)。, ちなみに、火 - 木曜日(以前は土・日も)に「オリックスvsソフトバンク」戦のナイターを自社制作し、かつTBSラジオやABCでメインカードとなっていない場合は、本来の担当局であるABCに代わってRKBの中継がネットワーク向けの音源となる場合がある(予備カードから全国放送へ昇格した場合のみ、ABCがリポーターを派遣)。実際に2011年4月14日は本来の全国放送カード「阪神対広島」の早終了のため、一時的にJRN各局への全国放送となった。ただし金曜日は原則としてMBSがビジター側の局の乗り込みの有無に関係なくオリックス主催試合に実況アナウンサーを待機させるため、JRNナイターの全国配信が機能した時代にRKBの自社制作中継がネットワーク向けになることはなかった。, 土・日にオリックス・阪神主管でナイターとして行われる場合は、基本MBS-RKBのJRNラインを使うが、当日のナイターの試合数によってはLF(NRN単独。ただしRKBもNRN非加盟であるが, 2018年度はネットワークの縛りが緩くなる月曜デーゲームや10月以降のナイターオフ編成時の金曜ナイターで、場合によってはナイターイン編成の火 - 木曜に準じてABC=RKB・MBS=KBCの組み合わせとなることがあり、4月30日(月曜デーゲーム)と10月5日(金曜ナイター), 月・土・日曜はソフトバンク戦がある場合のみ、試合時間に合わせて随時放送。ただし土・日曜は平日よりも放送時間延長の制限が厳しくなる場合がある。, 火曜~金曜 JRN加盟他局またはラジオ日本が放送するカードを放送するか、放送できる試合がない場合、「花の応援団」の特別版「ホークス花の応援団 集会所」、もしくはナイターオフ番組として放送された「, デーゲーム中継が予定されていた場合は、定時扱いのワイド番組(2019年シーズンの場合、土曜日は「, ナイター、および17時以後の薄暮デーゲームで開催される場合、ナイターの時間に本来放送されるべき定時番組のうち、ネットスポンサードがつく収録番組は、予め前述のデーゲーム時間帯のワイド番組を短縮させた上で放送時間の繰り上げが行われるほか、「, 2014年から2017年にかけてTBSラジオ制作の裏送り中継の解説を務めた(主に対ロッテ戦)。2018年以降も、HBC向けと兼務する形で関東の試合の中継の解説を本数契約で務め、曜日によってLFやQRの実況アナウンサーと組む。, 2017年にTBSラジオ制作の裏送り中継や同局協力の自社制作時の解説を務めた(主に対西武・DeNA戦)。2018年以降も関東の試合の中継の解説を本数契約で務めており、RFやQRの実況アナウンサーと組んだ事例もある(LF制作分には2020年9月対ロッテ戦で初出演)。, 2017年までTBSラジオ解説者として出演し、現在も同局制作のDeNA戦の系列局向け裏送り(主にCBC・RCC向け)に出演しているが、RKBにおいてはこれに限らずパ・リーグの関東の試合の中継の解説を本数契約で務め、曜日によってLFやQRの実況アナウンサーと組む。, 実際には2020年中の本番組への出演実績はなく、その一方でKBCラジオの日本シリーズ中継にゲスト解説として出演している。, 2007年より、CM明けのジングルにて、番組解説者のキャッチコピーが紹介されるようになっている。, 以前は相手チームの地域にネットされている場合でもホークスが敗れた場合はヒーローインタビューを放送せず、終了していたが、現在はヒーローインタビューも放送している。, 5回ウラ終了後及び試合終了後には「エキサイトホークスダイジェスト」と題し、その日のホークス戦の流れを簡単に振り返っている(コーナータイトルコールは当日実況担当アナが生で行い、ホークス得点場面ではその実況音声を再生)。ビジターゲーム裏送り中継時でも(特に西武ドームの対西武戦、千葉マリンの対ロッテ戦)RKB以外の開催地の局の実況アナが「エキサイトホークスダイジェスト」のタイトルコールをRKB実況アナ同様に行っている。但しホークス戦がRKB以外の他地域局にもネットされる場合はコーナータイトルが「ホークス戦ダイジェスト」に変わり(特に毎週火曜はKRY・NBC・OBS・RKK・MBCにもホークス戦をネット)、さらにビジター側の地元局に流れている場合はタイトルが単に「ダイジェスト」となる。, 2017年まででJRN全国中継となった場合(セ・パ交流戦の対巨人戦など)は「ダイジェスト」そのものを割愛することが多かった。2018年以降に関東へネットされる場合、RF(巨人戦)は「ダイジェスト」もそのまま流すことが多いが、QR(西武戦)は殆ど流さずに自社のスタジオパートに差し替えている。またLFへネットされる場合(週末のセ・リーグ非開催時など)については、5回ウラ終了後はかつてのJRN全国中継時同様に割愛する一方、試合終了後は他地域へのネットを先に終了させた上で通常通り行うことがある。, 対楽天戦及び(セパ交流戦)対広島戦のビジターゲーム(楽天生命パーク宮城・マツダスタジアムおよび主に対広島戦での尾道・三次・呉での開催試合)の場合、土・日曜デーゲームはTBC及びRCCと同時ネット(火曜はTBCも該当。月・火曜デーゲーム時のRCCの対応は未定)。水・木・金はTBC及びRCCがRKB(JRN)用に裏送り制作する(対楽天戦は月曜も、対広島戦は月・火・土・日曜ナイターも該当し、自局中継はNRNライン=KBCとの同時ネットで放送。後者の場合、実況音声は日程の関係で火曜の九州・山口ブロックネットやカードの都合によるHBC・CBC・QR(平日)・LF(土・日曜)との個別ネットにならない限りRKBにしか流れないので「エキサイトホークスダイジェスト」のタイトルコールをJRN=RKB用実況担当のTBC及びRCCアナが行う)。, ホークスが地元(PayPayドーム)で試合を行う日は7回裏攻撃前と試合終了後に(試合終了後は次枠「A-LIVE」内で), 2014年と2015年のホークス戦中継では、(裏送り分を含めた)毎回の放送で、試合終了後に解説者が「エキサイトホークス 今日のヒーロー」を選出。選出回数を毎月集計したうえで「マンスリーヒーロー」を決めるとともに、『花の応援団』との連動企画として、リスナーから「マンスリーヒーロー」の予想を受け付けている。, 稲尾和久がはじめてRKBの解説者を務めた頃(1975年 - 1977年)、同番組の広告では、『, 2012年の「阪神vsソフトバンク」戦では、自社制作を見送り、10日(日曜デーゲーム)はABCから、11日(月曜ナイター)はMBSからネット受けしたが、10日はABCの不手際により、RKBが加盟していないNRNの速報チャイムが使われた(もっとも、報道素材としてはNRNキー局の. !男塾』のサントラ(廃版)内の「爆走!スノーモービル」という曲が使用されていたが、2019年からはテレビ中継のハイライトと共通の『LIFE』(Smily Tinky)を使用している。, ビジターゲームは、解説者3名体制だった2001年までは、基本的に夏場までは自社制作を行い、8月以降は現地局からの裏送りという体制で放送されていた(3連戦の場合は3日連続で解説、実況が同じということもあった)。, 2002年から2008年まで、KBC専属解説者は2名体制だったことから、解説のみ担当地区のNRN局解説者がKBCの中継に登場することもあった(例としては、関東主催ゲームの時に平日はニッポン放送の解説者が、土・日は文化放送の解説者がKBCラジオの中継に登場するなど)。また、ベンチリポーターのみ現地局のアナウンサーが担当するケースもあった。, 2009年・2010年は佐々木誠と前田幸長が東海圏以東におけるビジターゲームでの解説を務め、解説が佐々木または前田で、実況が担当地区のNRNアナウンサーという図式になることが多くなった(在京局で滅多に放送されない対西武戦と対ロッテ戦が多いが、STVラジオでの放送がない対日本ハム戦のデーゲーム、TBCがRKBと相互ネットとなりKBC向けを裏送りとする火・土・日の対楽天戦でも見られる。対日本ハム戦のナイターや、2010年度までの対オリックス戦、TBCがNRNラインをとる月・水 - 金の対楽天戦は解説、実況とも担当地区のネット受け、或いは裏送り)。また、シーズン開始より夏場までは殆どのビジターゲームを自社制作で放送するものの、夏場以降は一気にネット受けに頼るようになることが例年恒例である(2009年・2010年は6月の聴取率調査期間までは自社制作、それ以後は8月までネット受け、或いは裏送り、9月以後は自社制作)。, しかし、2011年は関東圏のビジター戦の実況を務めた島村俊治(元・NHKアナウンサー)が勇退し、佐々木がNTT西日本硬式野球部コーチに就任したことで出演に制約が生じた(これに伴い、担当は対オリックス戦にほぼ限定される)ことなど、様々な事情が重なったことで自社制作が縮小され、現地局からのネット受けもしくは裏送りを主体とした編成となった。また、STVでの放送がない対日本ハム戦のデーゲームでも現地解説者が担当したり、ホークス側のリポーターをKBCから派遣せず現地局のアナウンサーが代わりに担当することも多くなった。ライバル局のRKBも、1年早い2010年から同様の状態となっている。特に2012年のクライマックスシリーズ及び2014-2015年の日本シリーズもすべて現地局のネットになった(2016・2018-2019年のクライマックスシリーズ及び2017-2020年の日本シリーズはビジターも自社制作)。, なお、オリックス戦などの関西地区の試合がネット受けとなる場合、2010年度よりナイターは火 - 木がMBS、それ以外はABCの担当となる。ただし土・日曜のデーゲームについては、当該カードが両日デーゲームの場合は2008・2009年度同様にMBSが制作する(実例・2010年9月)が、土・日の片方だけデーゲーム(もう片方がナイター)となる場合はナイターでのパターンに揃えてABCが制作する(実例・2010年7月・2011年7月・2013年4月) 場合と、デーゲーム(MBS)とナイター(ABC)でラインを切り替える場合がある(実例・2012年8月。この時はABC側がABC技術協力の土曜KBC・日曜RKB自社制作扱いとなった)。なお、日曜デーゲームがABC制作となった場合、一度飛び降りて競馬中継を受ける時間帯は、KBCとRKBがMBS制作番組同士(KBC=競馬・RKB=ソフトバンク戦裏送り)で競合してしまう。, 交流戦の「ヤクルト対ソフトバンク」を自社制作する場合、曜日に関係なくニッポン放送の技術協力となる。但し、2013年はNRNナイター本番カード(土曜はQRでも放送・日曜は実質裏送り)となったため、文化放送からのネットとなった。, 高校野球期間中は、ABCのスポーツスタッフがそれに多数駆り出され、人材が不足してしまうため、ABCとネットを組む曜日(月・金全てと土・日のナイター(まれに一部デーゲーム))の「オリックスvsソフトバンク」は原則としてABC技術協力の自社制作となる。佐々木が関西に拠点を移す以前は、解説者のみABCから派遣していた。, 2010年以降NRNナイターのレギュラー編成を行った年度の土曜日に「オリックス対ソフトバンク」のデーゲーム中継と阪神主催ナイターのNRN全国ネット中継の両方が組まれた場合は、前者がMBS裏送り、後者がABC受けとなる場合があった(特に土・日曜とも前者がデーゲームの場合)。, また、金・土・日・月のナイターでKBCがオリックス戦などの関西地区の試合を自社制作する場合、NRNのメインカードになる場合を除いて、本来の担当局であるABCに代わり、KBC制作分がネットワーク向けの音源として扱われることがある。しかし、火・水・木のナイターの場合は、原則としてMBSがビジター側の自社制作の有無に関係なくオリックス主催試合にも中継待機要員を配置する方針のため、KBCの中継がネットワーク向けになることはない。, 2018年度はネットワークの縛りが緩くなる月曜デーゲームや10月以降のナイターオフ編成時の金曜ナイターで、ナイターイン編成の火 - 木曜に準じてABC=RKB・MBS=KBCの組み合わせとなることがあり、4月30日(月曜デーゲーム)と10月5日(金曜ナイター)の「オリックス vs ソフトバンク」が該当したが、その逆(火 - 木曜にMBS=RKB・ABC=KBCとなる事例)は発生していない。, 一方、「西武対ソフトバンク」については、本来のネットワークの組み方に従い、平日はニッポン放送、土・日は文化放送の制作であるが、2012年以降は平日であってもニッポン放送の要員都合上、文化放送の制作になるケースも発生する(この場合は文化放送ライオンズナイターのネット受け)。後述のようにネット局が発生する水曜日は、2012年はニッポン放送制作で放送したが、2013年からは水曜日も文化放送の制作になっている。2012年は西武主催試合が平日に10試合組まれたが、そのうち5試合が文化放送からのネット、本来のニッポン放送からのネットは5試合だった(なおそのうち3試合は水曜日だった)。ただし、火曜から金曜の西武主催試合のうち、デーゲームやナイターオフ編成下の試合など、文化放送の地上波での放送予定が無い場合は、2011年以前同様にニッポン放送からの裏送りで放送する。2017年には、KBCが実況アナウンサーを派遣し、ソフトバンク攻撃時はKBCのアナウンサーが、西武攻撃時は文化放送のアナウンサーが「応援実況」を繰り広げる「コラボ企画」が4月7日と5月19日に行われた。, なお、ソフトバンクが九州でビジターゲームを行う場合は、ホームゲーム時と同様にKBCが制作し、該当カードの主催球団や担当系列局の要員都合によっては、KBC制作分がそのままNRNネットワーク用の音源として扱われる。, radikoでは当初、日本ハム・楽天・ロッテの主催試合が、ソフトバンク戦については権利の関係上配信ができないため中継時間終了まで休止となり、当該試合がNRN全国ネットの時は配信が行われる場合もあったが(実例・2012年6月16日の楽天×巨人戦)、2013年度からは全試合配信が可能になった。また、NRN回線で流れる中継は2019年度までモノラル放送だったため、同一カードでも全国ネット本番時はモノラル、裏送り時はステレオという差異が生じていた。, また、2004年と、2012年から行われている東京ドームでのソフトバンク(2004年のみダイエー)主催試合に関しては、2004年、2012年、2014年、2015年(2004年は近鉄戦、2014年はロッテ戦、それ以外は西武戦)はニッポン放送に制作を委託したが(西武戦はどちらも月曜日だったが、通常ネットワークを組む文化放送からの裏送りやライオンズナイターの同時ネットは行わなかった)、2013年(日本ハム戦)は文化放送の協力のもとでKBCが制作しSTVラジオにネットした(ベンチリポーターは文化放送から派遣)2016年、2017年(2016年はロッテ戦、2017年は日本ハム戦)は文化放送に制作を委託し2017年はSTVラジオにネットした。2018年���降はTBSラジオのナイター中継撤退の影響で2018年(日本ハム戦)、2019年(4月はオリックス戦7月は西武戦)は共にニッポン放送技術協力の上KBCが乗り込み自社制作を行い2018年はSTVラジオにネットした。また2014年から開始された京セラドーム大阪 で行う試合については、2014年度・2017年度・2019年度は月曜日の開催であったため、ABCラジオの協力による自社乗り込み放送。2015年度・2016年度は木曜日、2018年度は火曜日の開催であるため、MBSラジオからの裏送り、かつ2018年度を除きNRNナイター用の予備待機を行った。なお2015年度は対戦相手・楽天の地元である東北放送、2017年度は同じく日本ハムの地元・STVラジオにもネットされ(てい)る。, 同局制作の中継を外部の局(同局と同じNRN系列局)へネットする場合、ソフトバンク vs 日本ハム戦をSTVラジオに、楽天戦を東北放送(TBC、月・水 - 金)に、中日戦を東海ラジオに、広島戦を中国放送(RCC、水 - 金)に、それぞれネットする(尚、STVラジオは2007・2008年は夏場を除き自社制作で、2009年以降は再びネット受け。また、RCCは2005年はNRN担当曜日もRKBの協力で自社制作。そのため速報チャイムなし。逆に2007・2009年はRKBがデーゲームを中継しないため、例外的に土曜日もKBCからネット受け)。, また、曜日に関わらずABCフレッシュアップベースボールの「ソフトバンク vs 阪神」の技術協力を毎年行っている(本来朝日放送(ABC)は火 - 木はJRNラインで、それ以外はNRNラインを基本とするが、ABCやMBSはKBCやRKB発の自社中継を対阪神では原則ネット受けしない上、テレビ系列がABCおよびKBCがともにANN系列であり、相互に資本関係がある事から、KBCが技術協力を行う。一方本来火 - 木JRNライン担当のRKBは、MBSへの技術協力に廻る。但し、ABCの阪神ベンチリポーターはRKBの自社中継のリポーターを兼務する場合がある〔実例:2013年6月2日。この時は日曜開催でMBSが中継を実施していない〕ため、ABC側から見ると自社向けの技術協力局と現地向けのリポーター出演局とでねじれ現象が生じる)。特に、ビジターでのロッテ戦・オリックス戦は、それぞれ予備カードからの昇格や当該カードのみの開催でない限り地元の在京・在阪ラジオ局では原則的に放送しないので事実上独占中継になる場合がある。一方ヤクルト戦・横浜DeNA戦は他カードより高額な巨人主催ゲームの放送権料を節約するためか、水 - 金曜の巨人主催ヤクルト・横浜戦がNRN優先となっていた1995・96年と、2010年代以降の一時期は巨人戦を予備カード扱いとした上で全国中継本番とする例が増加していたが、2018年以降はJRNナイターの全国配信の廃止もあり、再度巨人戦優先に戻り、放送が減少している。, なお、RKB同様2006年から、北部九州のAMラジオ局(長崎放送(NBCラジオ佐賀を含む)、熊本放送、大分放送)へのナイター中継のネットをするようになった(KBCはNRNのため水曜日担当。ホークスがビジターの場合もKBCと同一内容をネットする。ただし大分放送は、2010年限りでKBCからのネット受けをNRN全国ネット本番または予備から昇格となった場合を除き撤退している。さらに、2012年からはビジターカードのうち、STVラジオ制作(東京ドームでのニッポン放送制作裏送り分を含む)の日本ハム戦、TBCラジオ制作の楽天戦、東海ラジオ制作の中日戦(交流戦)、RCCラジオ制作の広島戦(交流戦)については、長崎放送・熊本放送へのネットが制限されるようになり、KBCが当該中継のネット受けとした場合はNRN全国ネットカードの放送に振り替える(当該中継そのものがNRN全国ネット本番または予備から昇格となった場合は両局でも中継する)。文化放送制作の西武戦にも同様の措置が取られている。, また、日本ハム戦を中継するSTVラジオは一時期メインカードの日本ハム戦の中継を見合わせることがあり(当時、ビジターゲームは対巨人戦及び対ヤクルト戦を除いて、相手側の地元局もしくは在京局がメインカードとしない限り中継しなかったため)、その場合には通常ならばNRNナイターを放送するが、単独で当番組をネットする場合があった。2017年現在はSTVラジオも日本ハム戦を全試合中継する方針に切り替わったため、このようなケースは日本ハム戦非開催(もしくは日本ハム戦が平日デーゲーム)の場合に限られている。, かつてのホークスクイズでは、事前番組『スポーツジョッキー』の中で予想クイズを出題、5回裏までに応募すれば福岡ドームのネット裏「スターホークシート」のチケットを正解者の中から抽選で毎日プレゼントするコーナーを設けていたが、現在は『ホークス戦クイズ』として、平日の試合は勝つもしくは引き分けの場合は得点×2000円・負け試合でも2000円が、土日は2009年まではヤフードームのS席やコカ・コーラフィールドシート等のチケットが、2010年は平日と同じ勝つもしくは引き分けの場合は得点×2000円・負け試合でも2000円が抽選で当たるクイズを行っている。なお,2011年は実施されていない。, かつては予想クイズであったが、現行のクイズの場合、問題は野球中継中に出し、野球中継を最後まで聞けば分かる問題で、試合終了後から0時までにメールかファックスもしくは翌日消印(土曜日・日曜日の放送については一律月曜日消印まで)の葉書まで受付可能で、予想クイズではない。当選の発表は野球中継明けのクッション番組(平日・夜はこれから!ホークス派宣言、 土曜デーゲーム・ナカジー・けいすけのゲバゲバサタデー、土曜ナイター・サタデーミュージックカウントダウン、日曜はデーゲーム・ナイターを問わずサンデーおすぎ)の中で抽選して発表する。, また聴取率調査期間には他の番組同様、賞金・賞品がグレードアップする(通常2000円の部分が5000円になる、ヤフードームのスーパーボックスをプレゼントするなど、通常手に入りにくい物になる事もある)。2007年の6月には中継イメージプレイヤーの小久保にちなんで『小久保ホームラン賞』なる物を設定し、試合展開や土日等関係無く小久保にホームランが1本出る度に1万円の賞金を設定した。ただしその期間中に小久保のホームランは1本も無く、やや企画倒れ気味になった。, KBCラジオはレインコートプロにも自社制作を行う傾向にあり、2011年以降は基から試合がない日だけでなく、放送予定カードが全部中止となった場合でも原則としてキー局のレインコート番組(平日は『ナイタースペシャル』・土・日曜(過去)は『プロ野球ホットライン』や『ビッグサウンズスペシャル』など)はネットしない方針がとられ、中継カードが予備も含めて全て中止もしくはナイター開催なしの場合、後座番組である平日の「夕方じゃんじゃん」からのスピンオフ「ホークスじゃんじゃん」、土曜日の「KBC長浜横丁 居抜き屋もう一丁!! 2009年までは、ナイター中継については「RKBエキサイトナイター」、デーゲーム中継は「RKBエキサイトホークス」(2007年 - )としていたが、2010年より中継タイトルを「RKBエキサイトホークス」に統一。現在は、プロ野球レギュラーシーズンの公式戦が143試合であることにちなんで、「143人の日替わりヒーローは誰だ?」というキャッチフレーズを用いている。, 日曜のデーゲームは、2006年までは「RKBサンデーホークス実況中継」及び「RKBスポーツスペシャル」のタイトルで放送していた。日曜デーゲームについても試合終了まで完全放送しているが、2014年のみは「宗次郎 オカリーナの森から」[* 1]の放送を優先していたため、13:00試合開始の場合は最大延長を18:00までに制限。14:00試合開始の場合も「エキサイトホークス」としては18:00で一旦打ち切るが、「オカリーナの森から」終了後も試合が続いていれば、後続の「こだわりハーフタイム」の中で最大19:00まで中継を続けていた。2015年からは日曜デーゲームも原則試合終了までの放送に戻っている。, なお、土曜日のデーゲームについては、2009年まではワイド番組を放送している関係上、開幕戦やクライマックスシリーズなど重要なカードを除いて、原則放送しなかった。2010年からは、土曜日のデーゲームについても、原則として試合開始 - 試合終了まで放送するようになった(逆に土曜日のナイターの定時放送を廃止した。これはTBSラジオの週末ナイター中継の取りやめに伴う措置である)。ただし、13時開始の試合については、「土曜deアミーゴ!」[* 2]を放送した後、13:54からの放送となる。また、延長になった場合はウイークエンドネットワークを優先して17:45で終了することがある。その他、土曜ナイターについても23:00、日曜ナイターについても21:40で終了することがある。, また、平日のデーゲームについては、かつては祝日である場合に限り特別番組扱いで生中継していた(この場合、ナイター枠ではJRN全国中継をネット受けする)。祝日ではない場合は長寿番組「歌謡曲ヒット情報」(2010 - 2015年度はそのリニューアル版「エンタメバラエティ THE☆ヒット情報」)を優先するため、当該カードをナイター枠で録音放送するか、一切中継せずにJRN全国中継をネット受けするかの、どちらかの対応となっていた[* 3][* 4]。しかし「 - ヒット情報」が終了したこともあり、2017年シーズンは祝日でない場合も含めて平日のデーゲームもすべて中継するようになった。, 2006年は、長崎放送(NBCラジオ佐賀含む)、熊本放送、大分放送に火曜日のナイター中継のネット(以上3局はホークスがビジターの場合もRKBと同一内容をネットする)、交流戦の「ソフトバンクvs巨人」戦で、「ラジオ日本ジャイアンツナイター」への裏送りを行なった(その後は解説者派遣という形の制作協力、もしくはRF自主制作への技術協力のみ)。2016年度からは、RF・TBSの相互提携が本格再開されたため[4]・[5]、「ソフトバンク対巨人」における本番組のRF系各局へのネットのほか、ソフトバンク戦非開催時などにはRF制作の巨人戦のネット受けもされている。これ以外にも2012年の火曜日はソフトバンクのホームゲームで、かつ九州内開催の場合に限り、先述の3局に加えて南日本放送にも火曜日のナイター中継をネットする(関東開催など現地局制作の場合は、ビジターゲーム相当と扱われ、南日本放送へはネットされない)。2008年は、宮崎放送に日曜日のデーゲーム中継をネットした。

ユリアン ナーゲルスマン ヴェレーナ ナーゲルスマン, 2011 プロ野球 ホームラン, 中東 イケメン 国外追放, ヘル 英語 意味, 花子くん ロールアイス 大阪, スーツ ジェシカ 最後, 谷山から 鹿児島空港 高速 料金, 映画 告白 井之脇海, イラン 英語 通じる, 夫妻宮 紫 微星,

Follow me!