カレン ブーケ ドール 追い切り

サトノフラッグ 1人気2着, 長期休み明けでの出走とだけあって脚捌きは鈍く馬体も全体的に緩さが残っている。追われてから左右にフラつく点や調教パートナーであるカレンブーケドールに全く食らい付く事が出来なかった点は当然のように大きな割り引きが必要となるので、時計面込みでここは休み明けとしての評価がしっくりとくる。, 調教パートナーの動きが情けなかったという事もあるが、それでも馬なりでオープン馬を突き放した点は能力の高さと言えるか。ただ、先週もそうだったが、まだまだ頸差しを中心に動きに硬さが残っており、脚捌きの鈍さと全体的な動きを総合するとこちらもオウケンムーン同様に休み明けとしての仕上がりとなっているのでは。, 一応相手に大きく先着するなど見た目には上手くまとめてきた印象を受けるが、実際は強く推せるようなポイントは見当たらないので、良くても7割程度の仕上がりでの出走となるだろう。, 先週の2頭併せに続き、今週は3頭併せでしっかりと負荷をかけられる追い切りとなった。先週はまだまだ反応を確かめる程度の追い切りではあったが、今週は硬さがほぐれた事もあって本来の柔らかみのある動きと軽い脚捌きが目立っていた。馬体の張りや毛艶の良さは勿論だが、目標は先でも全く仕上げを緩めた様子は感じられないので、これは前哨戦でもいきなりからある程度は仕上げてきたか。, 動きにも無駄がなく身体全体を使って走る姿を見ると久々の影響はほぼ皆無と思っていいだろう。発汗は目立つが、まず好調と思っていい。, 胸前の狭さと脚が刺さる点はマイナスも、久々を感じさせない素軽い動きが目に付いている。それでも追われてから大きくラチ沿いにヨレる点や内面が強く表に出ている事で脚を使うタイミングを間違っている点など、気になるポイントもいくつかみられるだけに、完全に馬が出来るまでにはもう少し時間がかかってしまうのでは。, 頭の高さと線の細さは全く変わっていないが、今週も迫力のある力強い走りが目に付いていた。調教パートナーである古馬1勝クラスの馬を5馬身半追走し、最後は馬体をびっしりと併せて併入。ただ、勝負根性の高さは評価出来るが、歳を重ねて追われてからの反応が若干悪くなっている印象を受けるので、得意の舞台でもこのエンジンのかかりの遅さが足を引っ張る可能性も十分考えられるが…。, それでも動きを見る限り体調面や出来に関しては何も不安はないので、一応走れる態勢は整ったと思っていいのでは。後はしっかりと勝ち切れるかどうかが課題となるか。, ここ10年、人気馬の成績では1人気[3.3.1.3]、2人気[2.1.2.5]、3人気[3.3.1.5]となっており、上位人気馬が8勝(2着7回)。二桁人気馬が馬券圏に好走したのは14年クリールカイザー(12人気3着)の1頭のみと波乱は少ない。, 過去10年の平均配当では馬連2360円、3連複9420円、3連単4万7980円。上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはなく大荒れがないレース。, 16年の優勝馬ゴールドアクターは有馬記念の勝ち鞍もあり中山コースは[3-1-0-1]と好相性でもあり中山巧者。同レースを3連覇したマツリダゴッホも中山での成績は[8.1.1.3]と、全10勝中8勝を中山コースで挙げており、同馬も有馬記念を勝利している得意の舞台であった。トリッキーな中山コースに相性のいい馬にも要注意。, 今年は天皇賞春を連覇したフィエールマンが出走予定。秋の最大目標はジャパンCとなりオールカマーで始動するが、国内ではここまで9戦して馬券圏を外したのは昨年の有馬記念(4着)のみ。GIは菊花賞・天皇賞春(2度)と長距離戦での勝利だが、スピードとスタミナを要するタフなレースとなるジャパンCで勲章を手にする事ができるのか、秋初戦の始動戦は注目。, その他ではオークス・秋華賞・ジャパンCとGIで連続2着している未完の大器カレンブーケドールや、天皇賞春3着ミッキースワロー、中山では[3-0-1-1]と中山巧者のジェネラーレウーノなどが参戦。秋のGI戦線に向け重要なレースです。, 競馬セブンでは有力馬の消し情報や人気薄隠れ穴馬の激走情報を独占入手済!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください。, 騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『オールカマー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。, ブログ予想開始初週の中山記念で3連単【31万馬券】を的中させ、その後NHKマイルで【29万馬券】、2018年の共同通信杯で【56万馬券】、フローラSで【11万馬券】を的中させた管理人、ゆうちゃりすの競馬ブログ. オールカマーに出走を予定しているオウケンムーン、カレンブーケドール、フィエールマン、ジェネラーレウーノ、ミッキースワローの最終追い切りに関する記事を。過去の傾向や当日の馬場をもとに有力馬、穴馬、危険な人気馬を探し、3連単をメインとした穴狙いが基本の予想スタイル。 マイネスサーパス 4人気11着 ゴールドクイーン 4人気16着 カレンブーケドールの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 カレンブーケドール. ジャパンCで4着だったカレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝厩舎)が、次走の有馬記念で池添謙一騎手(41)=栗東・フリー=と新たにコンビを組むことが3日、分かった。 同馬は重賞未勝利ながら昨年のオークス、秋華賞、ジャパンCで2着。 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); ©Copyright2020 ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主ブログ.All Rights Reserved. 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/04(金) 01:06:34.53 ID:cPwOGhKQ0 ジャパンCで4着だったカレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝厩舎)が、次走の有馬記念で池添謙一騎手(41)=栗東・フリー オールカマー(G2)カレンブーケドールと「復縁」の“ラストチャンス”... 【次走】オールカマー2着カレンブーケドールはジャパンCへ(netkeiba.com) Yahoo!ニュース【次走】オールカマー2着カレンブーケドールはジャパンCへ(netkeiba.com) - Yahoo!ニュース ミヤジコクオウ 2人気2着 カリビアンゴールド 5人気5着 ジャパンカップ 2アーモンドアイ 〇5デアリングタクト 1カレンブーケドール 3強で切るならコントレイルって決めてた。 菊花賞の反動で1週間前に格下に追い切り遅れるような有様が1週間で戻るわけないと … ベストアプローチ 4人気10着 カレンブーケドール 05. オールカマーに出走を予定しているカレンブーケドール、フィエールマン、ステイフーリッシュ、ミッキースワローの一週前追い切りに関する記事を。過去の傾向や当日の馬場をもとに有力馬、穴馬、危険な人気馬を探し、3連単をメインとした穴狙いが基本の予想スタイル。 美浦 南W 重 木曜日 併せ 強め. ミッキーワイルド 7人気13着 【京都記念 2020】追い切り、調教、ラップ適性、指数、などを中心とした予想。コースラップ適性としてはプリンスオブペスカがトップの印象で、カレンブーケドール、アメリカズカップ、ステイフーリッシュ、ドレッドノータスあたりが適性上位か。 ジナンボー 3人気2着 先週は併せたオウケンムーンの方が動きが良かったですが最終追い切りではそれを凌ぐ動きを見せて1週で大幅な上昇を見せてきたのがカレンブーケドールです。 . アストラエンブレム 7人気9着 ノームコア 2人気1着 カレンブーケドール 【牝4/国枝厩舎】 《23日(水)最終追い切り:美浦》【サンスポ】 京都記念2着以来のカレンブーケドールは、美浦坂路でオウケンムーンを追走。強めに追われると4F51秒9、ラスト1F12秒8で1馬身半先着した。 本日は日曜の中山メイン、オールカマーに出走を予定しているオウケンムーン、カレンブーケドール、クレッシェンドラヴ、ジェネラーレウーノ、ミッキースワローの最終追い切りに関する記事を。, タイセイアベニール 2人気4着 アウトライアーズ、オウケンムーン、カレンブーケドール、クレッシェンドラヴ、サンアップルトン、ジェネラーレウーノ. カレンブーケドールの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 【1週前追い切り 映像なし】 オウケンムーン 56.0 【c】 美浦坂路併せ。g前軽仕掛け。 同レースに出走予定のカレンブーケドールとの併せ馬。1週間で逆手前となっていた点は改善されていたが、右手前に替わってからのラスト1fの動きがさっぱり。 スマイルカナ 3人気2着 Follow @yuucharis !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? アナザートゥルース 5人気3着 オウケンムーン x.オールカマー2020本命馬は最強競馬ブログランキングへ. フィエールマンが回避した以上、ここは負けられない一戦でしょう。追い切りの動きもメイチではないかと疑うほどのデキです。 ジャパンCで4着だったカレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝厩舎)が、次走の有馬記念で池添謙一騎手(41)栗東・フリーと新たにコンビを組むことが3日、分かった。…(2020年12月4日 … アウトライアーズ. 【ジャパンC】美浦レポート カレンブーケドール [News] 2020/11/25(水) 14:10 11月29日(日)に東京競馬場で行われる第40回ジャパンカップ(GI)に登録しているカレンブーケドール(牝4、美浦・国枝栄厩舎)について、追い切り後の国枝栄調教師のコメントは以下の通り。 追い切り坂路の時計は質量ともに十分ですが、映像で見ると? 6番アウトライアーズ この馬の好走イメージと中山2200mはリンクしないので消し。 7番ステイフーリッシュ 押さえないといけないですが、スティッフィリオと混乱が。 8番カレンブーケドール 2020年9月27日(日)に中山競馬場で行われる『産経賞オールカマー(G2)芝2200m(別定)』の最終追い切り評価となります。フェアールマンの回避により出走馬は9頭。追い切り動画で確認できた全馬の追い切り評価となります。, 3頭併せの外。内中の2頭を1馬身追走し、コーナーの一番深いところを回り直線へ。コーナーから終始追うも直線伸びず、馬なりのままの内中の相手にアタマ差遅れ。一番外を回ったことを考えるとソコソコの時計で加速ラップは踏めているものの、終いのキレ味が物足りず評価出来ない。, 同レースに出走予定のカレンブーケドールとの併せ馬。1週間で逆手前となっていた点は改善されていたが、右手前に替わってからのラスト1Fの動きがさっぱり。クビがほとんど使えておらず、全く前に推進しない。鞍上に肩に1発ステッキを入れられてるも、伸びることなく0.9秒と大きく失速し、カレンブーケドールに1馬身遅れた。, 併せた相手は同レースに出走予定のオウケンムーン。全体時計は51.9秒とそこそこ早く、オウケンムーンに1馬身先着。馬体に厚みがあり重厚な馬体も、動きにキレはなく、軽く仕掛けられるもラスト1Fで0.6秒失速。評価しづらい。, 3頭併せの外。直線向いた時点で内中の2頭は2馬身前。これを馬なりで半馬身先着。四肢の可動域は狭いも、前脚のスナップが効いており、地面をしっかり掴んで走れている。ただ、手前を替えなかった点は割引材料。踏んだラップもチグハグで終いの伸びも平凡。本調子でないと判断しマイナス評価とした。, 促しながら馬場の4分所を通り直線へ。コーナーから頭が高く、クビも使えていないため、前への推進力に欠く走り。本当に併せ馬をしていたのかと言うほど、前の馬に追い付く気配がない。当然の如く1馬身遅れ。評価できない。, 馬場の真ん中を走らせるつもりだったのだろうが、直線向いて右手前に替わり、加速し始めると、大きく右に斜行した点は大きな割引材料。本来ならB評価止まりかも知れないが、ラストの加速は目を引き活気も十分。本番で真っ直ぐ走れることを前提にプラスに評価してみたい。, 1週前同様、神戸新聞杯に出走予定のコントレイルとの併せ馬。相手のためにやったかの内容で、馬なりで相手を見つつ登坂。ラスト1Fで追い付かれそうになった辺りで追い出しを開始するも加速することなく、追い付かれ併入。コントレイルも役不足だったかも知れない。, クビを使ってリズミカルに埒沿いを登坂。前脚にも伸びやさがあり、アタマの位置も良い。右手前で引っ張り、ラスト1Fからカチッと左手前に替わると、馬自らが加速。鞍上は軽く仕掛けているようにも見えるが、これは馬の行く気に合わせただけのもの。確実に好調だろう。高く評価したい。, 2頭併せの内。一杯に追う相手に対して、馬なりのままアタマ差先着。能力の違いは見せていたが、いかんせんアタマ上がり過ぎ。特に直線向いて手前を替えた直後のアタマの上がりようは酷い。確実に推進力低下につながる動きで評価しづらい。ただゴールに近づくに連れ、アタマの位置は徐々に改善されたが…。正直脚力だけて走っている感が否めないものの、その脚力は流石。決してプラスにはならずこの評価。1週前の方が良い動きをしていた。, 毎週追い切り映像を見るのが趣味です。馬券は追い切り映像で良いと思った馬とパドックだけで買ってしまいます。それで良いと信じ切っている人です。. カレンブーケドール (英: Curren Bouquetd'or 港:機伶金花) は、日本の競走馬。 馬名の意味は「 冠名 +黄金の花束( 仏 )。 勝利の大輪を咲かせてほしい」 [2] 。 穴レッドアネモス 11人気1着 1: 2020/12/04(金) 01:06:34.53 ID:cPwOGhKQ0 ジャパンCで4着だったカレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝厩舎)が、次走の有馬記念で池添謙一騎手(41)=栗東・フリー=と新たにコンビを組むことが3日、分かった。 モントライゼ 1人気2着 ブライティアレディ 16人気11着 フィアーノロマーノ 3人気10着 サクラトゥジュール 4人気6着 ウインマイティー 2人気6着 ノーブルマーズ 5人気5着 オールカマー2020最終追い切り所見 1/2 by アラシ. ブルーバード 5人気10着 5F66.2 4F52.0 3F38.9 1F12.6 ミッキーブリランテ 7人気5着 クラヴァシュドール 2人気5着 ジェネラーレウーノ 09.

ダーツ 矢 かわいい, ユース プリンスリーグ 順位, 石川県 スポーツ少年団 野球, サッカーママ ファッション 夏, 朝日杯フューチュリティステークス 過去 配当, ミュゼ 分割払い 残り,

Follow me!