アメリカ 移民 イギリス

青色がイギリス国外への移民数、黄色がイギリス国内への移民数、紺色のグラフは国内への移民数から国外への移民数を引いたものである。 2004年から2016年までの間に、年間平均25万1000人以上の人口が移民によって増加している。 がイギリスにおける移民に関する論調を変えた。政府は労働者、特に熟練専門職への膨大な 需要によって寛大な移民体制の導入を強いられることとなる。 政府、経済界及びジャーナリズムはそろってイギリスが熟練労働者を求める世界市場の激 イギリスによるアメリカ大陸の植民地化(イギリスによるアメリカたいりくのしょくみんちか、英: British colonization of the Americas)は、16世紀後半に始まり、アメリカ大陸中で多くの植民地が設立した17世紀から18世紀頃にその最盛期を迎えた。その初期はイングランド王国が、1707年に連合法でグレートブリテン王国が創設された時以降はグレートブリテン王国が植民地経営を推進した。イギリスはアメリカ大陸に植民地を経営した国の中でも重要度が高く、そのアメリカにおける勢力は軍事力においても経済力においても、スペイン帝国の強力なライバルになった。, イギリスによるアメリカ大陸の植民地化は、アメリカ大陸の先住民にも多大な影響を及ぼしている。イギリスは植民地化に際し、彼らを直接的には軍事力で、間接的にはその文化を混乱させ疫病を引き入れたことで、先住民の生態に劇的な変動をもたらした。入植者と先住民との関係の中には、交易関係を結んだものもあるが紛争になったものも多く、多くの先住民社会は入植者に対抗する戦士集団を育て、長期間に亘って戦闘が続いたケースも珍しくない。当時の先住民の野性的な戦闘スタイルは、入植者に対して破壊的な威力を見せる事もあったが、長期的に見れば、概して入植者側が最終的な勝利を収めている。フランスと同様、先住民との交易はイギリスの植民地政策の重要な部分を占めていたが、植民地への人の移住と土地の開発には、それ以上に重点が置かれていた。, アメリカ大陸におけるイギリス帝国の植民地は、その最盛期にあった18世紀には3つのタイプが存在した。すなわち勅許植民地、領主植民地、及び王室の直轄植民地である。やがてアメリカ独立戦争後には、アメリカ大陸のうちイギリス領にあった地域はより自治的な責任政府の形を認められる事になり、更に20世紀に入ると、徐々に独立を認められるようになった。この方法で北アメリカでは2国、中央アメリカ(カリブ海)では10国、南アメリカでは1国がイギリスから独立した。今日でもイギリスはアメリカ大陸内に8か所の海外領土を持っており、そこでは様々な段階での自治権を認めている。, イギリス植民地の多くは、植民地を設立し運営するために持ち株会社に与えられる、重商主義的勅許に基づいて指名された独立領主知事の下で成り立っていた。その中でも著名なものがバージニア会社であり、まずバージニアのジェームズタウンに、続いてバミューダ諸島のセントジョージに植民地設立を成功させた。, イングランド王国はまた、オランダが設立していたニューネーデルラント植民地(ニューアムステルダムを含む)に1664年に侵入し、ニューヨーク植民地と改名した。この植民地と共に、ニュースウェーデン(現在のデラウェア州)のうちオランダが征服していた領地も支配下に置き、これが後に1680年に設立されたペンシルベニア植民地の一部となった。, スコットランド王国は、初期にダリエンで植民地を設立しようとして失敗し、1629年から1632年の短期間のみ、ノバスコシアに植民地を設立した(ニュースコットランド)。また1707年連合法の以前であっても、イングランドによる植民地設立に多くのスコットランド人が関わった。, グレートブリテン王国は1713年にフランス領アカディアを獲得し、続いて1763年にはカナダのヌーベルフランスを奪った。この年にはスペイン領フロリダも手に入れた。ヌーベルフランスだった領地は一旦ケベック植民地と改名された後さらに2つに分けられ、以前から植民が進んでいた地域をローワー・カナダ(現在のケベック州)、新しく植民を始めた地域をアッパー・カナダとした(今日のオンタリオ州)。, 北方では王国の勅許会社であるハドソン湾会社がアメリカ・インディアンと毛皮の交易を行い、フランス人毛皮交易業者と競い合った。やがてこの会社が、ルパートランドと呼ばれたハドソン湾に注ぐ河川流域の全体を支配するようになる。1818年に行われたイギリス・アメリカ協議(アングロ=アメリカン会議)によって、北緯49度線より南に延びていたルパートランドの一部がアメリカ合衆国の領土となった。, 1775年には、アメリカの13植民地が主に代表権、及び地域に課される法と税金の問題に関して反乱を起こして戦争となり(アメリカ独立戦争)、これが正式なアメリカ合衆国の成立に繋がった。1776年にはアメリカ独立宣言が発表され、その後1783年9月3日のパリ条約調印によって、アメリカ合衆国は国際的に認知されるに至った。, グレートブリテン王国は、北アメリカの西海岸に於いても植民地化を進めた。これはハドソン湾会社にロッキー山脈以西、コロンビア地区とニューカレドニア地区でも毛皮交易の免許を与えるという間接的な形をとって行われたものである。但しロッキー山脈の西から太平洋までの土地は、1818年のイギリス・アメリカ協議(アングロ=アメリカン会議)のもと、暫くはオレゴン・カントリーとして両国が共同統治していたが、1846年に結ばれたオレゴン条約により、バンクーバー島を除いてはロッキー山脈より西側でも、北緯49度線が両国の国境と定められることになった(オレゴン境界紛争を参照)。また、1849年に設立したバンクーバー島植民地と1858年に設立したブリティッシュコロンビア植民地は、1866年に統合しブリティッシュコロンビア王室領植民地となるが、1871年にはカナダ連邦に加盟した。なおブリティッシュコロンビア植民地は、1863年にスティキーン領土を併合しており、更にカナダ連邦に加盟する際には元ルパートランドの一部であったピース川地域も併合した。, 1867年、ニューブランズウィック、ノバスコシアおよびカナダ(現在のオンタリオ州とケベック州の南部)の各植民地が統合して、イギリス帝国に所属し、カナダと呼ばれる自治領を形成した。ケベック(現在のオンタリオ州南部に入っている部分を含む)とノバスコシア(現在のニューブランズウィックとプリンスエドワードアイランドを含む)はフランスからイギリスに割譲されていた。その後の6年間のうちに、プリンスエドワードアイランドとブリティッシュコロンビア各植民地がカナダに加盟し、1949年にはニューファンドランドも加盟した。ルパートランドと北西部領土が1870年にカナダに割譲された。この地域は現在、マニトバ州(カナダ政府とメティス[要曖昧さ回避]暫定政府が1870年に協議した後に加盟した)、サスカチュワン州およびアルバータ州(共に1905年設立)、さらにはノースウエスト準州、ユーコン準州(クロンダイク・ゴールドラッシュ開始後の1898年創設)、ヌナブト準州(1999年設立)となっている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イギリスによるアメリカ大陸の植民地化&oldid=78495943, カティハンク島、1602年にバーソロミュー・ゴスノルドが小さな砦と交易基地を設立したが1か月後に放棄された, シティ・オブ・ヘンライコポリス、1611年に湿地の多いジェームズタウンの代替地として設立、1622年に, ニューファンドランドのフェリーランド、1620年に初代ボルティモア男爵ジョージ・カルバートに認可、1621年8月に最初の開拓者が到着, サウスフォークランド、ニューファンドランド、1623年に初代フォークランド子爵ヘンリー・キャリーが設立, ドーチェスター会社植民地、(ドーチェスター会社は1624年に現在のマサチューセッツ州グロースターにケープアン漁業植民地を設けたが失敗した), 1674年以降、ウェスト・ジャージーとイースト・ジャージーに分離、それぞれの領主の会社が保持, カナダ植民地、1841年から1867年までケベック(ローワー・カナダ)とオンタリオ(アッパー・カナダ)を統合, クィーンシャーロット島植民地、1852年設立、1863年にバンクーバー島植民地と合併, ブリティッシュコロンビア植民地、別名メインランド植民地、あるいはゴールド植民地、1853年にニューカレドニア毛皮交易地区と、北緯49度線より北のコロンビア毛皮交易地区の残りから設立、1863年にスティキーン領土とクィーンシャーロット島植民地を併合して拡張, バンクーバー島およびブリティッシュコロンビア統合植民地、1866年にバンクーバー島植民地とブリティッシュコロンビア植民地を合併して形成、バンクーバー島植民地の植民者は反対したが、植民地の名前としてブリティッシュコロンビアが選ばれることになった, コロンビア地区、1821年からオレゴン条約の1821年までハドソン湾会社コロンビア部の交易地区、オレゴン条約でコロンビア地区の大半はアメリカ合衆国に併合された。北緯49度線より南のハドソン湾会社の土地はオレゴン条約で保証されたが、所有権と補償の問題は1861年まで十分に解決されないままだった。, スティキーン領土、1862年設立、スティキーン・ゴールドラッシュが起こり、アメリカ人に奪われないように設立, 北西部領土、ハドソン湾会社の交易領域、ルパートランドの北部と北西部、1863年以降はスティキーン領土の当初の領域のうち北緯62度線から北の地域、北緯60度線から南の領域がブリティッシュコロンビア植民地に併合された後、残りはユーコン準州に編入された, The Modern History Sourcebook has the account of the. 「フロンティアはアメリカ人にとって、複合的な国民性の形成を促した。・・・フロンティアの坩堝のなかで、移民はアメリカ化され、解放され、国民性も特性もイギリス人とは異なった人種へと融合され … アメリカ合衆国はイギリスの不文憲法の伝統から離れて、成文憲法を成立させた。アメリカ合衆国憲法は合衆国に連邦の構造を与え、立法、行政、司法の三権分立とその相互抑制均衡を成文で制度化している。また基本的人権のカタログでもある。 州法 イギリスによる支配、それに加えジャガイモの疫病や伝染病が広がり、多くのアイルランド人にとって国外脱出が唯一の生き残る手段になりました。 1700年以降、アイルランドから他国へと移住する人は少なからずいましたが、ジャガイモ飢饉が始まった1845年からその数は爆発的に増え、その多くが当時カリフォルニアで金鉱が見つかったことで盛り上がっていた(通称”ゴールドラッシュ”)アメリカへと渡りました。 2020 10/21 米国境で引き離された子ども545人、いまだ親と再会できず 09/21 NY中心部で移民税関捜査局の廃止求めるデモ 86人拘束 イギリス、カナダ、アメリカ、台湾は. イギリスに流入する移民はなんと現在、年24万人。社会の根底をひっくり返すような事態になっているわけです。 The Economist 誌は、イギリスの急激な移民の増加は、前政権である労働党の「大風呂敷」が原因だった、ある意味失敗だと述べています。 ありがとうございました(_ _) 北アメリカは現地人口もそれほど多くなく、また農業に適した土地だったので、イギリスの産業革命に伴って土地を失った農民たちが家族を引き連れて移民し、のちのアメリカの礎を築きました。 イングランド系アメリカ人(イギリスけいアメリカじん、英語: English Americans)は、イングランド人を祖先に持つアメリカ合衆国の国民。イングランド民族の祖先がいれば純血、混血は問われない。イギリス系アメリカ人の一部であり、しばしばアングロアメリカンズとして扱われることもある。アメリカ合衆国独立以前のイギリス(1700年の連合王国成立以前はイングランドのみ)植民地時代から19世紀までビジネスチャンスを求め新大陸に渡った人々が多い。そのため、初期の合衆国の政治的・経済 … この時期の移民の出身地を見てみると、イギリス、カナダからの移民に加えて、ドイツ、アイルランドから大多数の移民がアメリカに渡っていることが注目されます。アイルランド移民が多い理由は、先述した「ジャガイモ飢饉」です。 イギリス人がアメリカに移住したのは、イギリス国内で宗教的迫害を受けた人達が、移民したからです。 イギリス国内では、スチュアート朝の成立により、長老派の考え方が入って来ました。 Stanley Lieberson and Mary C. Waters, 'Ethnic Groups in Flux: The Changing Ethnic Responses of American Whites', The Laws of Olde England Stateside, Marcus Hampshire, http://www.census.gov/population/www/censusdata/files/pc80-s1-10/tab03.pdf, http://factfinder.census.gov/servlet/ADPTable?_bm=y&-context=adp&-qr_name=ACS_2008_3YR_G00_DP3YR2&-ds_name=ACS_2008_3YR_G00_&-tree_id=3308&-redoLog=false&-_caller=geoselect&-geo_id=04000US42&-format=&-_lang=en, Sharing the Dream: White Males in a Multicultural America, http://www.everyculture.com/North-America/European-Americans-Bibliography.html, "Historical Census Statistics on the Foreign-born Population of the United States: 1850-1990", Ethnicity in the U.S English-Americans part 2, http://www.census.gov/population/www/cen2000/phc-t20.html, Major League Baseball told: Your sport is British, not American, Littleport England and the Harley connection, Sources of United States Legal Information, http://books.google.com/books?id=p8RBlp8bNpwC, http://concentric.net/~pvb/GEN/hadam.html, The Ancestry of Abraham Lincoln, James Henry Lea, Robert Hutchinson, Houghton Mifflin Company, Boston, 1909, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イングランド系アメリカ人&oldid=78460763. 佐藤:アイルランドからアメリカヘー 移民の歴史と経験 73 る。その大部分は年期奉公人や流刑者で、イギリスの植民地でタバコやサトウキビの栽培に従事し たが、年期が明けたり、刑期を終えると、帰国するのが通例であった。18 2019年の世界の移民人口 国際比較統計・ランキングです。各国の移民人口(移民者数)と国別順位を掲載しています。当該国に住む外国生まれの居住者あるいは外国籍の居住者の推計人口。時系列データは1970-2019年まで収録。 アイルランドとイギリスの歴史. 『世界ふれあい街歩き』は、旅人の目線で世界の街を「歩く」ことにこだわる番組です。ガイドブックにのっていない世界の街の日常や人々との出会い、発見を通じて「歩く旅」ならではの楽しみをお届け … イギリスによるアメリカ大陸の植民地化(イギリスによるアメリカたいりくのしょくみんちか、英: British colonization of the Americas)は、16世紀後半に始まり、アメリカ大陸中で多くの植民地が設立した17世紀から18世紀頃にその最盛期を迎えた。その初期はイングランド王国が、1707年に連合法でグレートブリテン王国が創設された時以降はグレートブリテン王国が植民地経営を推進した。イギリスはアメリカ大陸に植民地を経営した国の中でも重要度が高く、そのアメリカにおける勢力は軍事力にお … ★中世以前 ★宗教改革 ★三王国戦争と清教徒革命 ★名誉革命 とウィリアマイト戦争. 移民受け入れを表明した. アメリカの社会と文化を理解するには、各地住民の人種や先祖の系統を知らずに語ることはできません。そこで、あらためて全米の「アメリカ人の先祖別分布図」を眺めてみると、そこには、17世紀以降にヨーロッパ各地で起きた移民ブームの波と深く関係していることが分かります。 13植民地/アメリカ大陸のイギリス植民地. Stanley Lieberson and Lawrence Santi, 'The Use of Nativity Data to Estimate Ethnic Characteristics and Patterns'. 17~18世紀に、北アメリカ大陸西岸にイギリス人が入植して成立した植民地。それぞれが自治を行っていた。イギリス本国による課税強化に反発し、1775年に独立戦争が始まった。 イギリスなどほかの移民も多く他民族・他人種国家となっている国では、 ポーランド人の子供が学校で有色人種の子供と一緒のロッカーやハンガーを使うのを嫌がったり、 イングランド系アメリカ人(イギリスけいアメリカじん、英語: English Americans)は、イングランド人を祖先に持つアメリカ合衆国の国民。イングランド民族の祖先がいれば純血、混血は問われない。イギリス系アメリカ人の一部であり、しばしばアングロアメリカンズとして扱われることもある。アメリカ合衆国独立以前のイギリス(1700年の連合王国成立以前はイングランドのみ)植民地時代から19世紀までビジネスチャンスを求め新大陸に渡った人々が多い。そのため、初期の合衆国の政治的・経済的な中心人物はイングランド系が大半を占める(例:ジョージ・ワシントン、ベンジャミン・フランクリン、アレクサンダー・ハミルトン、ジョン・アダムス、トーマス・ジェファーソンなど)。カナダやオーストラリアやニュージーランドといったかつてのイギリスの植民地、自治領から移住したイングランド系の人々も少数ながらいるが彼らは「カナダ系アメリカ人」「オーストラリア系アメリカ人」「ニュージーランド系アメリカ人」と呼ばれることがある(それぞれのカテゴリー参照)。, American Community Surveyの調査によれば2008年時点で合衆国全人口の約9.0%(約2,700万人)がイングランドに起源を持っており[5]、ドイツ系、アイルランド系に次ぎ3番目に大きなヨーロッパ系アメリカ人である。しかし統計学者によればイングランド系アメリカ人の多くは自らを「純粋なアメリカ人」として認識する傾向が強い(かつてアメリカはイギリスの植民地でありアメリカを創生したのは我々であるという歴史的背景のため)として統計結果が不正確であるという見解も存在する[6][7][8][9]。, 1980年の国勢調査によれば約4,900万人(49,598,035人)のアメリカ人がイングランド系であると申告し人口の26.34%を占めた。これは合衆国で最大数の民族であり本国イングランドの(当時の)人口を上回っていた[10][11]。, 合衆国国勢調査のデータベースによれば1775年(アメリカ独立戦争勃発の年)時点での人口比は, 1790年には合衆国創世期の国勢調査を基に苗字などを使いより正確な統計が取られ、結果80.7%のヨーロッパ系のうち47.5%がイングランド系だった[12]。下記表を参照。, 2000年に行われた国勢調査では約2,450万人のアメリカ人がイングランド系と申告し人口比率は8.7%だった。しかし1980年の国勢調査では5,000万人の国民がイングランド系の血統を持つ(混血を含む)と申告しており、2000年の調査では約3,000万人程度が含まれていないことになる。1980年では23,748,772人のアメリカ人が純血(または主要血統)のイングランド系と申告、その他の25,849,263人が混血だった[13]。また2000年には約8,000万人が「その他の起源」を、約2,000万人が「アメリカ系」を選択・申告したため、イングランド系アメリカ人の実際の人口は約6,000万から8,000万人といわれている。, 60年時点では約1,100万人、人口比で35%がイングランド系の純血、もしくは主要な血統であったが合衆国の人口が当時に比べ約10倍に膨れ上がったことからイングランド系の人口比は減少した。またイングランド系は合衆国における歴史が古いことから移民してから数世代を経て自らを「アメリカ系」ととらえる者も多く、また血統やヘリテージを気にかけない場合も多い。, 合衆国には約67万8000人のイギリス生まれの滞在者がおり、その大半はイングランド系である。国際化の進んだ本国イングランドでは市民権の有無に関わらず少数派民族は純粋なイングランド系とは定義していない[14]。アメリカにおける定義では約54万人のイングランド人が現在アメリカにおり、4万人のアジア系イングランド人、2万人の黒人イングランド人、その他1万人の様々なバックグラウンドを持つものが含まれている[15]。, イングランド人のアメリカ大陸進出は16世紀後半のエリザベス朝にまで遡り、聖公会のヴァージニア植民地やピューリタンのニューイングランド開拓が行われた。イギリス人探検家のジョン・スミスによりニューアルビオンを開拓、バミューダ諸島を含めたバージニア会社が設立され、それらは後にイギリス領ヴァージン諸島を含むBritish West Indiesとなった。特にヴァージニア植民地は南部開拓への、ニューイングランドは北東部開拓への礎を築いた。バージニア会社は株式(合同出資)の型式を取っており、特許殖民は他の開拓地より100マイル(160km)以内の新開拓は行われないことになっていた。この土地割譲により信仰の自由を新大陸に求めるカトリック系のメリーランド植民地、クエーカー系のペンシルベニア植民地など新たな植民地を次々と生んだ(当時のイングランド本国は聖公会やピューリタンの牙城だった)この2つの植民地は現在ワシントンD.C.にあるアメリカ合衆国連邦政府の設立に大きな影響を及ぼした他、北東部、中西部へと開拓を拡大していった。, 初期のアメリカにはオランダ人とスウェーデン人もいたが、彼らは自分たちがイングランドよりも先に開拓を始めた事実を黙認するという条件の元、女王エリザベス1世により滞在を許可された(女王は当時、影響力の強いピルグリムのロバート・ダドリー、ジェーン・グレイ、アン・ブラッドストリートなどにより仕切られたオランダ護民官を抱えていた。一方、プロテスタントのウィリアム3世は元はオランダ人で、オランダの植民地を制圧しニューイングランドとした岳父かつ叔父でカトリックのジェームズ2世と確執があった)。同様なことがカナダにおけるヌーベルフランスにも起きており、テューダー朝時のイングランド政府によりジョン・カボット率いる船がニューファンドランド島を制圧、ヘンリー7世へ捧げられた。イングランドはジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノの証言を元に作成されたフランソワ1世の声明を元にし、フランスの失敗を参考にする形となった。当時、イングランドは宗教改革、フランスはユグノー戦争の最中であった。宗教的・政治的理由によりイングランドは亡命者を多く出し、現在はフランスのカレーがイングランド領であったことから、ネーデルラントが主な亡命先であった。カトリック系(Douay-Rheims Bible)即位前のメアリー1世、ピューリタン系(Marian exiles)即位前のエドワード6世はそこでイングランドとのコネクションを持った。スウェーデンは三十年戦争の最中、スコットランド国教会国民盟約がグスタフ2世アドルフの援護をしたことからグレートワゴンロードにあるステュアート・スコティッシュのカロライナ植民地やノバスコシアとのコネクションがあった。, ハノーヴァー朝のイギリス王は現在の北ドイツにあったハノーファー選帝侯領をも統治しており、この影響からアングロ系ヨーロッパ人の新大陸移動は、ドイツ系アメリカ人の存在も生み出すこととなった。ジョージア州、カナダのニューブランズウィック州、プリンスエドワードアイランド州、アルバータ州、ノースウエスト準州などの地名は、イギリス王家から取られた。カナダは第2次百年戦争時にジョージアと政治的コネクションがあり、フレンチカナダの制圧に関心をよせたアメリカ人によって建国された国であるため、カボットの航海の時代の入植者たちは(例え入植先が現在のカナダであっても)自分たちを「アメリカ人」と見なしていた。, フランスは、ミシシッピ川より西側の五大湖を含む広大な領土、フランス領ルイジアナを所有していた。スペイン人は、イングランド女王メアリー1世の夫がスペイン王フェリペ2世であった関係から、スペインがメキシコの領土を併合するなど強い影響を及ぼした(この併合により、多くのメキシコ人が自動的に市民権を得たことになる)。君主制が敷かれた南イタリアからは、イングランド、アイルランド系カトリックに信仰を持った聖職者たちが移り住んだ。彼らの子孫はイタリア系アメリカ人として今日も存在しており、現在の合衆国で最も有名な一族にタリアフェロー家などがある。さまざまな国から来た開拓者や移民たちは、イングランドからアメリカの土地を「借りている」状態であった。植民地開拓を行う国家は西へと船を進めた結果、日本などアジアにたどり着いた。イングランド植民地政府はフレンチ・インディアン戦争で1763年宣言を締結後、インディアナ州に初のインディアン居留地を設置した。, 合衆国が誕生した1776年以降はおよそ350万人のイングランド人が移民をし[17]、19世紀の100年間は一定数の移民が続いた。イングランド人の第一次移民の波は1820年代後半に起こり本国の社会不安から徐々に加速を見せ1842年にピークを迎えたが、その後10年間は徐々に減少していった。この頃の多くの移民は不況に喘ぐ南・西イングランドなど地方の農民たち(小作人)や1820年から40年にかけて加速した産業革命に伴う失職から逃れてきた都市部の労働者階級の人々であった。彼らは新たな国に対する希望に魅せられ、繊維業、鉄鋼業、鉄道業などに従事することとなった。一方、一部のイングランド人は生まれたての国アメリカに理想の社会、ユートピアを作ることに夢抱き移民した者たちもいた。またカリフォルニアでゴールドラッシュが起こるとイングランド領土だったオーストラリアから多くのイングランド人が合衆国に移民を開始した。, 1860年代後半のイングランド人移民は年間6万人にも上り、1872年には7万5千人にまで増加。1879年からは最後のピークが始まり合衆国の1893年の混乱で流れは終息へと向かった。この頃の年間平均イングランド人移民数は8万人を超え、1882年と1888年に最大数を記録した。大陸横断鉄道の建設やグレートプレーンズの開拓、工業化などの合衆国の発展は多くのイングランド人職人を引き寄せることとなった。また安価な蒸気船の就航により都市部の一般労働者もアメリカへ渡ることが可能となり、当時の移民の大半は未熟な職人や鉱夫などだった。大半の者はそのままアメリカに定住することを選んだが、一部の熟練工たちは出稼ぎの感覚で数シーズンのみアメリカで働きイングランドへと戻っていく者もいた。宗教活動家もアメリカへと渡り救世軍として福音教会やモルモン教会などと共に活動を行った。, 1893年の混乱はイングランド人移民を一気に減少させ20世紀に入っても低水準を保ち続けたが第二次世界大戦前後の10年間は年10万人のイングランド人が移民。これは全ヨーロッパ系移民の18%を占めた。1945年から48年に移民した者の中には多くの戦争花嫁が含まれていた。1950年代になるとイングランド人移民数は年15万人に、60年代になると年17万人にまで増えた[18]。19世紀の移民加速は本国の社会不安から来るものだったが、20世紀の移民はイングランド人にとってアメリカ社会は適応し易い環境であった(公用語が英語など)ことなどから移民の根本的理由が異なると言われている。, 一般的なアメリカ史からみてイングランド人は合衆国に政治的・経済的・文化的に大きな影響を及ぼしている。初期の大統領10人のうち8人はイングランド系であるほか連邦議員も今でもイングランド系が多い(「アフリカ系アメリカ人初の大統領」とされるバラク・オバマもイングランド系の祖先を持つ)。またイングランド人滞在者の子孫などもおり彼らはアメリカ社会に順応し切っているため全てのイングランド系把握するのは不可能に近い。1990年の国勢調査では彼らは合衆国で3番目の民族グループだが、連邦議員や最高裁判事などその社会的影響力は非常に強いと言える[19]。, イングランド植民地時代から引き継がれてきた英語は現在アメリカで使用されている最大の言語であり[20]、合衆国は世界で英語を母国語とする人々の約1/3を抱えている。英語は合衆国の事実上の公用語である(州によるが正確には公用語と定めているわけではない)。1990年国勢調査では94%のアメリカ人が英語のみを使用し[21]、英語を第二言語として母国語並みに使用できる人を含めると96%になる[21]。わずか0.8%の人々がまったく英語を理解しない(1890年には3.6%もいた)。アメリカ英語とイギリス英語にはスペル、文法、語彙、発音、俗語など多岐の違いが見られるが彼らのコミュニケーションに支障をきたすレベルではない。ただ俗語の使用やより細かな方言により食い違いを生む場合がある。, 現在、南米系移民の加速によるスペイン語の台頭に対しカリフォルニア州などでは英語を唯一の公用語として定めた。しかしこれは公文書などの使用言語が英語記載のみ、ということであり日常生活で使用される言語が英語のみと定められたわけではない。例えばカリフォルニア州運転免許試験は32の言語で用意されている。, 現在アメリカで人気の野球やアメフトは19世紀に行われていたイングランドのスポーツに由来する[25][26]。また現在のアメリカ国歌のメロディーは18世紀のイングランドの歌『天国のアナクレオンへ』から取られ歌詞はイングランド系のフランシス・スコット・キーにより作詞された[27][28]。, 地名への影響は顕著であり「新たなイングランド」を意味するニューイングランド、ヨークからニューヨークが[29]、ハンプシャーからニューハンプシャーが[30]命名されたほかマンチェスター[31]、ボストン[32]、サザンプトン[33]、グロセスターなどイングランドの地名が使用されている。, アメリカ合衆国議会議事堂はイングランドで教育を受けたアメリカ人ウィリアム・ソーントンが設計。他にもイエール大学やプリンストン大学、デラウェア大学のキャンパスはイングランド発祥のゴシック・リヴァイヴァル建築やジョージア建築を元としている。, アメリカの司法制度もイングランドのそれを参考にしており[34]、例えば英国の憲章マグナ・カルタの一部をアメリカ合衆国憲法に取り入れている[35]。独立戦争まではイングランド法がアメリカでも適用されていたため、それがアメリカ人の法的思考の基礎となり独立後もそれらを参考としたものがアメリカの法律となった[36]。, 多くの合衆国大統領がイングランド系の祖先を持つ。初期の大統領は純血の者が多いが時代を経た現在では様々な民族との混血がある。. ★スコットランド系アイルランド移民 ★カトリック系アイルランド移民 ★アイルランドの独立とスコットランド議会の復活 新移民としての最も大きな民族集団はイタリア移民、ユダヤ移民、ポーランド移民などのスラヴ民族であった。 1890年代には新移民が旧移民を数で上回り、1907年には128万5349人を記録してアメリカ移民史上最大のピークを迎えた。 得られるメリットがあるのに関わらずイギリス国民がEU離脱を支持しているのにはEUにデメリットがあるからですよね。 それは、以下の2つが挙げられます! EUのメリットの裏返しのような印象を受けますよね。 イギリスからするとEU自体が足かせになっていると考えているのです! 特に問題視されているのが移民問題。 イギリスはEUの中でも欧州の移民に対して非常に寛容な国として有名です。 移民として他国から流れてきた人々へ社会保障や教育でしっかりと支えていました。 しかし、その影響か …

タグホイヤー カレラ キャリバー16 デイデイト, バネバグース 赤坂 バーベキュー, Iphone ブックマーク 追加できない, Vba 文字化け 判定, 夜景 アプリ 加工, Powershell メッセージボックス 閉じる, 酸素系漂白剤 おすすめ キッチン, 東海大学 医学部 編入 2ch, Skype For Business ビデオ通話 できない, 効果音 フリー チーン, Imac Pramクリア ワイヤレスキーボード,

Follow me!